アンチエイジングで若返り

脂肪溶解(メソテラピー)美容外科

脂肪溶解、メソセラピーとは、1952年にフランスの医師によって開発された治療方法です。
メソセラピーの治療方法は、少量の治療薬物を特殊な注射機器(メソガン)と極細の注射針を使い、肌層と皮下層に注射し、脂肪を溶解して排泄します。

この治療法では、效果が即刻に現れることが出来、治療の際に小さな針を使用する事から、痛みをほとんど感じる事がありません。

また副作用が少ない事も大きな特徴です。

セルライト除去にも効果があります。

更に、注射されたセルライト脂肪の部位に、再び脂肪が蓄積することを防ぐ効果もあります。

この方法は、簡単な注射を行うだけなので、日常生活に支障のない点で多くの反響を得ています。

メソテラピーのメリット

○施術時間が約10分程度ととても短時間で施術出来る。
○少しずつ効果が出る為、周囲に気付かれない。
○不必要な皮下脂肪を溶解して取り除く治療な為、リバウンドの心配がない。
○直接脂肪に浸透して働きかけるので、脂肪吸引ではデメリットとされている、肌の表面がデコボコになる心配がある。
○セルライトが目立たなくなる。
○不必要な脂肪を取り除く為、リンパの流れや血行を改善することができる。
○針穴だけの傷跡な為、跡に残らない。

メソテラピーのデメリット

○複数回の施術が必要な場合がある。
○少量ずつ脂肪が溶解されるため、効果が見えにくい。
○部位や体質によって効果が異なってしまう。
○複数箇所に注射を打たなければならない。
○部位によって腫れが長引くことがある。
○注射部位の赤みや痒みなどの、アレルギー反応が見られる事がある。

おすすめの小ネタを集めてみました

Copyright © アンチエイジングで若返り. All rights reserved